コンサルタントとして仕事をするうえで、資料作成は欠かせません。

クライアントとのディスカッションを円滑に進めるために、ディスカッションペーパーを作成することはよくあります。
理路整然とした資料を作成するためには当然ですが頭を使います

例えば、クライアントが課題を抱えており、その解決策としてA案、B案、C案が考えられるとします。
それらのメリット、デメリットを示しながら、比較検討し、どの解決策にするのかを資料に表現しクライアントを導いていく。
当然、資料として、一目でわかるようなものにしないといけませんし、納得感が得られるものではないといけません。

なかなかと時間がかかるものです。
そうはいっても時間は有限ですし、多くの資料を作成する必要があります。

そこで、資料作成をなんとか速められないかと考えた結果、
考えることと作業を切り離せばよいのではないかという考えに至りました。

パワーポイントを作る際に、パソコンとにらめっこしながら、ああでもない、こうでもないと考え、
それを資料に落とし、やっぱりうまくいかないと考え直しては作業するの繰り返しでは、非効率です。

まずは、紙上で資料のアウトラインや、一枚一枚の構成を書く。
お絵描きをする。

書く作業は時間がかかりませんから、紙面上で書き直しながら大枠を固める。

作成するものが決まってしまえば、あとは、作業だと割り切って、一気に仕上げていく。
資料作成はたいそうなことではなく、ただの作業、機械のように作業するだけと割り切ることが大事です。

当然、この方法でも資料作成後に、修正することはありますが、それほど時間はかかりません。もうある程度、絵がかけているためです。

本当に優秀な人は、頭で考えて、ほとんど修正なく資料を作成することができるかもしれませんが、稀かと思います。

私もついついパソコンに向かって資料作成をしてしまいます。
なんか仕事をしている気になるのでしょうね。

いかに効率よく、より良いものを作るのかに集中し、業務を進めていきたいものです。

考えることと作業は切り離して

ブログの励みになりますので、ポチっとしてもらえるとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
ブログランキング・にほんブログ村へ