中小企業診断士の一次試験は、7科目で、暗記することが多いです。

複雑な計算問題はないかわりに、とにかく広範囲の知識を記憶する必要があります
さらに、最新の知識のインプットも必要です。

記憶するには、繰り返し学習することが効果的です。
授業や自己学習などで暗記項目を繰り返し覚えることで、脳に一定の負荷をかけ、
記憶を定着させます。

記憶するには個人差があります。
私は決して記憶するの得意ではありません。
むしろ苦手です

短期間で同じ内容を復習する。
何度も、何度も繰り返し学習する。

私にはそれしかありませんでした。
様々なテキストに手をだすより、同じ問題集を何度も繰り返し学習し、知識を定着させる。
定期的に繰り返し学習することが効果的です。

「エビングハウスの忘却曲線」というものをご存知でしょうか
1日後には7割以上忘れてしまっているのです

「エビングハウスの忘却曲線」
20分後には、42%を忘却し、58%を記憶
1時間後には、56%を忘却し、44%を記憶
1日後には、74%を忘却し、26%を記憶
1週間後には、77%を忘却し、23%を記憶
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を記憶

診断士試験では、暗記することから逃れることはできません
暗記であれば細切れ時間でもできます。

隙間時間を見つけては、何度も繰り返し暗記するのがよいかと思います。
覚えてしまえばこっちのもんという軽い気持ちで、覚えまくりましょう。

ブログの励みになりますので、ポチっとしてもらえるとありがたいです。 
↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

にほんブログ村 資格ブログへ

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ