私は資格学校に行っていたので、各科目のカリキュラムに沿って学習を進めていましたが、

科目ごとに11.5カ月単位でテキストで勉強を進めるため、すこしペースが遅いと思っていました。

資格学校のカリキュラムでは、一つの科目が終わるまで、その科目ばかりをやるため、その間、これまで学習してきた科目の復習がありませんでした。これだとすぐに忘れてしまうと思いました。、

最初にカリキュラムを見たときに、少し違和感を感じたため、最初の段階で、概要レベルのテキストを別途、購入し、勉強していました。

テキストは何度か通読して、全体像を把握してしまえば、あとは、問題を解いて、知識の定着を図った方がよいと思います。
やはり、短期間で繰り返し勉強することが大事だと思います。

 

試験を受験した年の4月以降は、特に資格学校の答練や、過去問を解くことを中心に勉強を進めました。


テキストはあまり使用せず、問題の解説を読んで納得できていない部分を読み返す程度です。

テキストを通読していると時間がかかってしまいますし、あまり、重要度がわからずにまんべんなく読んでしまうので、効率が悪いです。すでにある程度理解できているのが前提ですが。


問題を解くのが何故よいかというと、勉強にメリハリがつけられるからです。

「選択と集中」

わからないところに絞って、学習する。

全科目を受験しなければいけないので、全科目をまんべんなく勉強する必要がありますが、自分の苦手な問題をつぶしていくのが合格の近道かもしれません。

なんでもかんでも手に付けるのではなく、試験勉強も選択と集中で、
苦手問題や試験に頻出する問題にしぼって繰り返し練習することをお勧めします。

ブログの励みになりますので、ポチっとしてもらえるとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

にほんブログ村 資格ブログへ

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村