一次直前期、まさに今の時期ですが、残りのラストスパートをかけるために、学習計画をたてることが重要です。

学習すべき分量と学習できる時間を踏まえたうえで、どの分野を重点的に勉強するのか、やるべきことに対して、学習時間が不足しそうな場合はどうやって時間を捻出するのか、など、一次試験に向けた戦略を練る必要があります。

私は、学習計画を立てる上で、平日は、仕事の関係上(ほぼ午前様)、朝の1時間程度しか勉強できる時間がとれないと考え、土曜日、日曜日の休日にいかに勉強できるかに集中していました


直前期は、これまでに実施してきた問題を解くことに集中していたので、比較的、学習計画が立てやすかったです。あまり初見の問題には手をつけなかったので、何にどれくらいの時間かかりそうかは把握できました。

 

計画立案に際し、一次試験までに、休日が何回あって、7科目の答練、過去問を何回、回すのかを考えて、計画を立てました。だいたい毎週、過去問題を全科目、多いときで2年分やるイメージで進めました。できないときは平日も利用しました。


問題を解くといっても、何度も解いた問題なので、それほど時間はかかりませんし、解けなかった問題だけを解くパターンも入れていました。問題を読んで
すぐに解説を読むパターンも実施しました。

何回もやればスピードも速くなります。


休日は問題を解くのに絞り、平日は、問題を解いていて理解が不足している場所のテキストを読んでいました。 


直前期は、追い込まれることもあって、勉強をすればぐっと点数が上がる時期です。
これまで点と点であった知識が、線になっていくイメージでしょうか。

6月末に受けた模擬試験から本番の一次試験では100点以上あがりました。

直前期が本当に重要ですので、ラストスパートをかけていきましょう!


ブログの励みになりますので、ポチっとしてもらえるとありがたいです。
↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

にほんブログ村 資格ブログへ

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

にほんブログ村 転職キャリアブログ キャリアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ